トレチノインでシミ治療

トレチノインには、メラニン色素を皮膚の外へ排出してくれるという作用があり、シミ治療に効果があります。トレチノインを使用して、効果的にシミを薄くする方法をご紹介します。

トレチノインでシミ治療

トレチノインのシミに対する効果

最近、美しい肌を得る方法の一つとして、「トレチノイン」という薬が注目されています。シミに対しても優れた効果を発揮するといわれているトレチノインとは、いったいどんな薬なのでしょうか。トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種です。肌の代謝(ターンオーバー)を促す効果があり、シミを肌の内側から徐々に改善してくれるのです。肌の代謝を促進する効果を持った製品は他にもありますが、トレチノインは代謝を促進する効果がとりわけ優れているといわれています。一般に売られている美白製品と比べて高い効果が期待できるので、トレチノインを使用すれば、これまでなかなか消えなかったシミも消せる可能性があります。頑固なシミにも有効なトレチノインですが、誤った使い方をすると、かえって肌を傷つけることになり、最悪跡が残ってしまう場合があります。とても強力な作用を持った薬なので、「少しでも早くシミを取って、きれいになりたいから」といって、必要以上の量を使ってはいけません。肌の弱い人や初めて使う人は、アレルギー反応が出ないかを確かめてから使うようにしましょう。また、この薬は非常に繊細なので、決められた保存方法をきちんと守るようにしましょう。では、トレチノインの使い方について説明します。洗顔と保湿をした後で、気になる箇所に適量塗ります。塗った箇所は一時的に肌が敏感になり、シミができやすくなるので、別の薬の併用をおすすめします。併用する薬は、新たなシミの生成を防ぐ効果のある「ハイドロキノン」という薬と、紫外線を防ぐ効果のあるもの(日焼け止めなど)です。正しいやり方で継続的に使っていれば、次第にシミが改善されてきれいな肌になっていきます。

<早いうちに知っておきたい>
肝斑の原因と薬について