トレチノインには、メラニン色素を皮膚の外へ排出してくれるという作用があり、シミ治療に効果があります。トレチノインを使用して、効果的にシミを薄くする方法をご紹介します。

トレチノインでシミ治療

レーザーでの脱毛間隔と色素沈着はトレチノインでケア

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関ではレーザーでの脱毛がポピュラーに行われています。
レーザー脱毛は黒い色に反応する、特殊なレーザーによる脱毛法です。
毛根部分には黒い色素のメラニンが集まっており、肌にレーザーを照射すると、メラニンにレーザーの熱が吸収されます。
すると、その熱によって毛根組織が破壊され、無駄毛を脱毛する事ができるのです。

毛根から無駄毛が抜けるので、毛穴がキュッと引き締まるといった美白効果の他に、壊れてしまった毛根組織は2度と再生されない為、永久脱毛の効果もレーザー脱毛で得られます。

レーザーで脱毛する際は、脱毛間隔に注意しましょう。
レーザーは成長期にある無駄毛しか脱毛できないので、1度施術を受けると脱毛間隔を空ける必要があります。
脱毛間隔は一般的に、約1ヶ月から2ヵ月です。

脱毛間隔の他に注意したいのが、脱毛ができないケースがあるという事です。
メラニンに反応させて脱毛するという性質上、白髪は脱毛する事ができません。
白髪は全くメラニンを含んでいないので、レーザーが反応しないのです。
また、白髪だけでなく色素沈着がある部分は、施術を断られるケースもあります。

色素沈着は肌細胞にメラニンが沈着して起こります。
この部分にレーザーを照射すると、毛根ではなく肌細胞のメラニンにレーザが吸収される為、火傷のリスクが高まるのです。
もしレーザー脱毛を受ける際、色素沈着が気になるのであれば、トレチノインで美白ケアしてみましょう。
トレチノインは肌細胞の再生を、活発する作用がある外用薬です。
色素沈着が気になる部分に、トレチノインを塗る事で、新しい肌細胞が生まれます。
すると、メラニンを含んだ肌細胞は皮膚表面へと押し上げられるような形となり、最終的には垢として剥がれ落ちるのです。